リサイクルとリディースの違いについて

リサイクルとリディースの違い

 リサイクルとリディースの違いについて。

リサイクルショップの店舗数:488

リサイクルショップのカバー率:10.79%(188/1742)

 

 
リサイクルショップ100 > リサイクルとリディースの違い

リサイクルとリディースの違い

 
 リサイクル、リユース、リデュースを3つあわせて3Rという表現があります。それでも、リデュースは3つの中でもあまり馴染みのない言葉です。

 リサイクルというのは基本的に不要になったものを、別の製品や用途などに置き換える方法です。つまり、ゴミが必要になるわけです。リデュースというのはそのゴミを極力出さないようにすることを指します。

 LED電球と白熱電球がひとつの例です。最近はLED電球が多くなりましたが、この電球1つの寿命を10年とします。そして従来からある白熱電球の寿命を1つあたり1年とします。この2つを同時に使った場合、10年後に出るゴミの数はLED電球1個に対して、白熱電球は10個消費します。つまり、白熱電球の方が余計にゴミが出ることになります。LED電球にすれば、ゴミが出る量そのものが最初から少なくなるというわけです。

 リデュースはゴミが出てからどうしようかと考えるのではなく、最初からゴミを極力出さないようにすることを考えます。

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
 
 

債務整理110番

 

リサイクルについて

リサイクルと買取

リサイクルとリユースの違い
リサイクルとリディースの違い
不用品回収専門業者

リサイクルの買取の前に

買取対象となるジャンル
買取方法の種類
買取金額の相場
サイズが大きい品物の買取
大量にある不用品の買取

リサイクルの買取をしてもらうには

リサイクルショップの買取手順
リサイクルショップでの買取に必要なもの
査定から買取まで必要な時間
宅配での買取
買取不可の場合
少しでも高額で買取してもらう方法

リサイクルの買取のこんなときには

業務用品の買取
付属品が足りない場合の買取
故障品の買取
 
 
 
 
リサイクルショップ100について
・リサイクルショップ100は、販売・買取をするリサイクルショップの情報提供を目的としています。リサイクルショップのご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。
・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。

ゼタセグメント 

リサイクルショップ100

リサイクルショップ100は、全国各地にあるリサイクルショップのリサイクル取扱・買取品目、中古品の買取方法(店頭買取・出張買取・宅配買取)、出張買取エリア、所在地、最寄り駅・交通、営業時間、定休日、電話番号、古物商許可証番号などの店舗情報。
運営組織概要 免責事項
 
 

Copyright (C) 2010-2017 リサイクルショップ100 All rights reserved.